川村ゆきえ、初挑戦の舞台で「バカな子って思いました」

映画『気球クラブ、その後』のDVD発売記念トークショー&握手会が行われた。

 鬼才・園子温が描いた青春群像映画『気球クラブ、その後』のDVD発売(5月18日)を記念して、20日(日)に都内で主演の深水元基と川村ゆきえによるトークショー&握手会が行われた。

 赤いワンピース姿で登場した川村は、映画初挑戦となった今作を「撮影の時間は濃厚で、その時は2キロ痩せました。私、頑張ってるなって思いましたね」と振り返り、ニッコリ。深水は撮影中に堂々としている彼女を見て、「初めてだとは思わなかった」と称賛した。

 また、今回のDVDの感想を聞かれた川村は「特典で舞台挨拶の模様も観られるんですが、自分はバカな子だなって思いました。ダジャレとか言っていて…」とファンにはおいしい見所を頭をかきながら紹介するなど、笑いの耐えないトークショーとなった

 この日会場に集まったファンにプレゼントされるポスターには、川村と深水の直筆サインが入れられ、川村は「1枚、私の落書きの“当たり”が入っています。今日私を知った方に当たったら、温かく応援お願いします」と解説すると深水は「僕のサインはゆっきーの当たりじゃありませんよ」と忠告を入れ、笑いを誘っていた。
タグ:川村ゆきえ
posted by ゆっきー at 14:02 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。